語彙を増やす猫

語彙ネコ

語彙力を鍛えるためのブログ。

六字熟語【一覧】

六字熟語とは6文字の漢字から成る熟語です。
意味は慣用句やことわざのようなものです。

今回はそんな六字熟語をまとめて紹介します。

意味や語釈ももちろん載せておきます。

 

6字熟語一覧

私が調べた限りでは、六字熟語と呼べるものは6つありました。

 

一押二金三男

「いちおしにかねさんおとこ」

女性から好かれたければ、まず第一に押しの強いこと、第二に金持ちであること、第三に美男であることが必要だということ。

用例:
一押二金三男というが、積極的にアプローチしたおかげで、高嶺の花と思っていた彼女と交際できた。
・好きな女性には積極的にアプローチしないと、何も始まらないよ。一押二金三男の精神で、アタックしなきゃね。

 

一挙手一投足

「いっきょしゅいっとうそく」

一つ一つの動作。いちいちの細かい動作。 わずかな労力。

用例:
一挙手一投足の労を惜しむ。
・選手の一挙手一投足に注目する。
・マスコミはルーキーの一挙手一投足を連日連夜報道した。
・警察に疑われ、一挙手一投足を監視される。

 

一丁目一番地

「いっちょうめいちばんち」

最優先課題のこと。

用例:
マニフェスト一丁目一番地
公務員制度改革みんなの党一丁目一番地だ。
地域主権を内閣の一丁目一番地にしている。

 

腕一本脛一本

「うでいっぽんすねいっぽん」

財産や縁故もなく、自分のからだ・技量以外に頼りとなるものがないこと。

用例:
腕一本脛一本で一財産築く
腕一本脛一本になって再出発する
戦災孤児だった祖父は腕一本脛一本で生きてきた
・あの人は両親を早くに亡くしたので、小さい時から腕一本 脛一本で暮らしてきたんだよ

 

我利我利亡者

「がりがりもうじゃ」

自分の利益しか念頭にない人。または、理不尽な人をののしっていう語。

用例:
・彼は自分の利益しか考えていない我利我利亡者だ。

 

口八丁手八丁

「くちはっちょうてはっちょう」又は「手八丁口八丁(てはっちょうくちはっちょう)」

しゃべることもやることも達者なこと。

用例:
口八丁手八丁な男だけに世渡りがうまい
・彼のように手八丁口八丁な男は、世渡り上手だが信用はできない

 

 

以上です。

「他にも六字熟語あるよ!」と気づかれた方は、コメントで教えていただければ嬉しいです。追記いたしますので。

 

それでは今回はこの辺で。

語彙ネコでした(=^・^=)